女性カオナシ01

婚活の種類で違う自分に合ったマッチング方法

 

 

今、婚活も多様化しているのをご存知ですか?

婚活に疲れてしまった・・・もう自分に合う人なて見つからないと思っている方も諦めないでください。

 

そんな婚活に疲れたあなたへ・・・

 

婚活サービスは様々な選択肢から自分にあった婚活パターンを選ぶことができるんです。

 

そろそろ結婚したいけど出会いの場がない・・・再婚したい・・・一生独身は嫌だ・・・婚活しているのを周囲にしられたくない・・・

 

理由はいろいろですが、結婚に対する焦りみたいなものを感じている人も少なくないのではないでしょうか。

 

それぞれの悩みに合ったサービスが続々と増え続けているんです。

最新の情報で自分に合った婚活方法を見つけてみてはいかがでしょう?

 

結婚相談のマッチング方法は2種類

 

  • 婚活サービスの店舗に行き無料体験やカウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。
  • 相談員からサービスの内容や希望の相手などのカウンセリングを受けます。
  • 入会やした後は活動準備のたmねお計画を立てることになります。
  • 担当アドバイザーが成婚から脱退する場合でも責任を持って担当、対応します。
  • 入会時には独身証明書が必要になります。

 

1.仲人型の場合のプロセス

 

婚活002

 

カウンセリングでの希望に沿ってアドバイザーがコンサルタントの経験則でマッチングする相手を選んでくれます。

データーだけではなく、相手の人柄や性格などを教えてくれます。
お見合いの相手や交際時までは複数人数になります。

 

お見合いしてみて意気投合するようであれば、アドバイザーを通して連絡を取り交際してみます。
そのとき、定期的にアドバイザーとのカウンセリングを受けて真剣に交際したい人を一人に決めます。

 

真剣交際が始まると仲人の紹介は休止できる場合もあります。
交際やプロポーズが上手くすすむと成婚退会で終了です。

 

2.データマッチングの場合のプロセス

 

婚活05

 

データーを元に婚活サービス独自のデータサービスでマッチングを実施します。
紹介、申し込み後は、双方に向いたタイプなどを複数の相手を紹介してもらいます。

 

掲示板などでやり取りをして、合う予定を立てデートの約束をします。
実際に合ってみて、意気投合し好感がもてる相手であればそこからお付き合いが始まります。
このとき、連絡先の交換は自己責任で行うことになるでしょう。

 

真剣交際に発展して、交際、プロポーズが上手くいくようであれば成婚退会で終了。
婚活サービスの定義は各社で違うのですが、交際中の紹介を休止してもらうといいでしょう。

 

結婚相談所のいろいろ

 

婚活01

 

婚活サービスの各社によって概要に違いはありますが、一般的ないろいろを紹介したいと思います。

紹介人数については、1か月の紹介人数が婚活サービス各社で違います。

 

入会条件にも違いはありますが、年齢や年収の条件があります。

 

独身証明書は独身であることを証明する市町村の役場が発行すつる公的書類が、婚活情報サービス利用、申し込み時に必要です。

 

双方向タイプは双方の会員同士が紹介書を受け取り、お互いの条件がマッチングしている場合に成立します。

 

片方向タイプはどちらか一方向が希望条件に合っている相手を紹介するシステムで、双方向タイプと異なりますがマッチング数は多くなります。

真剣交際は、紹介を一時停止でき、一人の人と真剣に交際していくことになります。

複数交際は真剣交際より前のステップとなるため、複数の人と交際することになります。

 

婚活パーティーでのマッチング方法

 

婚活001

 

ネット予約して当日、直接会場へ出向き身分証明書を確認してもらいます。

 

プロフィールシートへはパーティが始まる前に記入を行いますが、相手に自分のことをアピールする目的があるので、できるだけ多くの項目を書くようにします。

 

パーティーの最初はトークタイムから始まり、1対1でお話をしながら時間でローテーションするので、全ての参加者とお話をすることになります。

 

フリータイムでは、もっとお話がしたい相手やお話があまりできなかった相手を選んでお話をしてみます。ライバルがいる場合はアピールして印象付けるチャンスにもなります。

 

カード投票で気になった相手を投票して、お互いの希望がマッチングすればカップル成立で終了になります。
この、カード投票は番号などで発表されるので匿名での発表です。

 

婚活アプリやインターネット型のマッチング方法

 

婚活06

 

無料会員登録で名前、住所、Facebookなどを使って登録します。

プロフィール登録をしますが、紹介文は分かりやすく、カテゴリなどにして記載すると見やすくなります。

 

写真は自分で選択するよりも他人から見て良いものを選ぶのが効果的です。

相手を検索する場合に希望の相手をセグメントして設定に検索条件を入れましょう。

 

ある程度の期間が経つと好みに合った表示結果が期待できます。

 

マッチングの場合は双方の希望がマッチングすると成立になりますが、マッチングは一人とは限らないので複数名でもできるようになります。

 

メッセージの交換で連絡先などを伝えるのは、マッチングが成立するとできるようになります。

ただ、メッセージ交換からは有料となる場合が多いです。お互いのアプローチでデートへ誘う流れになります。

 

成婚費用の高い順

 

婚活09

 

  • 1位 結婚相談所
  • 2位 婚活パーティー
  • 3位 婚活サイト
  • 4位 婚活アプリ(恋活アプリ)

 

結婚相談所はそこそな費用がかかることは、みなさんもご存知と思いますが、最下位の婚活アプリはさほど費用がかかりません。

婚活サービスでは、費用がかかる順位に比例して利用ユーザーボリュームは少なくなります。

 

しかし、1位、2位のように費用がかかる分、それだけ真剣に婚活を考えている人が多く利用しているのも確かでしょう。

成婚費用の高い順とは成婚率が高い順ともいえるのです。

 

結婚相談所の特徴

婚活サービスには多様な種類があります。

それぞれの特徴で自分に合ったマッチング方法を見つけてみてください。

 

仲人型

  • 成婚率が高い
  • 双方の結婚意欲が高い
  • 成婚までアドバイザーの手厚いサポートがある。
  • 仲人の経験値は高くデーターでは測りしれない実績がある。

恋愛に奥手の方にアドバイザーの手厚いサポートはおすすめ。

 

データマッチング型

  • 会員数が多い
  • 自分に合った希望条件で相手を見つけやすい。
  • 相手の細かいデーターを知ることができる。
  • 相談所の店舗が多い。

効率を重視する方に希望条件の相手をみつけやすいです。

 

パーティー型の特徴

  • 1回で多くの人と出会える
  • 出会ってすぐに相手と会話ができる。
  • さまざまな地区で開催されている。
  • バスツアーやイベントなどがあり合った婚活を選んで楽しめる。

積極的に相手と会話が楽しめる方におすすめ。

 

分かれ道

 

婚活サイトの特徴

  • 気軽に婚活ができる。
  • 自分の好きな時間で婚活ができる。
  • SNS独自の婚活サービスが人気上昇中。
  • 忙しくて店舗へ行く時間がないひとでも効率的。

婚活サービスの店舗に行く時間がないうえに出会いもないという方は利用してみては。

 

婚活アプリの特徴

  • 恋愛から始められる。
  • 若い人が多いので恋愛から始め対人が多い。
  • 周囲の人に知られることなく婚活できる。

結婚前提というよりは恋活したい人が多いようです。

 

合コン・街コン・お店コン型の特徴

  • 友達から始められる。
  • たくさん友達ができる。
  • 行ったことのないお店を発見、開拓できる。

コンパで恋人や友達を見つけたい、知らない店にも行ってみたいという方に合っています。

 

婚活サポートの特徴

 

婚活03

 

婚活では第一印象がとても大切になります。相手に好印象を持ってもらえる婚活スタイルで。
出会った後は趣味や特技などの、内面的な部分のアピールもしっかりしていきましょう。

 

  • 自分磨きで女子力アップ。メンズ力もアップ。
  • ファッションスタイル、ヘアケアスタイル、肌の艶。
  • スクール、趣味、特技。

 

自分磨きをしっかりしてから婚活に挑むということは、相手に好印象を与えるだけでなく外面的、内面的にも人間性を高めます。

 

婚活に疲れてしまうより自分を高める機会として楽しんめる婚活ができるときっといい出会いが待っていますよ。

 

ネガティブよりポジティブな人が好まれるのも確かではないでしょうか?

ただ、合う相手が見つからないなど間違った婚活をしてしまいそうな方は、是非、専門家のアドバイスやカウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。

 

真剣に婚活を考えているのなら、アドバイザーが責任を持って対応してくれる婚活サービスでのマッチングをおすすめします。